私たちについて

アナンダ・デベロップメントはマス・トランジット・コンドミニアム開発のリーダー都市のマス・トランジット・ラインにおける都市居住ソリューションに特化した不動産デベロッパーです。
アナンダは、立地と利便性が都市生活の主要素になることを確信し、マス・トランジット・ラインに沿ってバンコクは将来成長していくと理解していたので、1999年初めからマス・トランジット・ライン沿線のコンドミニアム開発に全力を注いでまいりました。バンコクは世界で最も悪評高い交通渋滞に悩まされており、居住者は年平均452間も渋滞にはまっている計算になります。
アナンダ・デベロップメントは、すべてのコンドミニアムプロジェクトをマス・トランジット・ライン沿線に計画することによって、この問題に取り組んでおります。その背景には10年間以上の成功があり、今日、アナンダは、個人や家族すべてのタイプのニーズに応じた8つの際立ったブランドを特色としております。
アナンダは、約1,000億バーツ相当の26,000戸を含む全35プロジェクトを世に送り出してきました。
* ( 2 ) Thailand Future Foundation on November 2015
都市居住ソリューション
アナンダ・デベロップメントの都市住居ソリューションは、マス・トランジット・ライン付近の優れた立地を使って、それらの重要な動機付け要因に取り組んでおります。
特に高速移動手段の選択ができるようになった今、人生は短いですから渋滞にはまって時間を無駄にするわけにはいきません。住宅所有者は、住む・働く・遊ぶための都市の至るところで、時間とお金の節約を含む利便性の価値を評価しています。
C世代(ジェネレーションC)
たいていがC世代(ジェネレーションC)の一部である住宅所有者は、都市居住において利便性は最も重要であることだと理解しています。
彼らは周囲と良い繋がりを持ち続けながら、創造性に富み、カジュアルで、自分たちの時間とライフスタイルの管理はもちろん、賢くお金を使い、賢くお金の管理をします。C世代は私たちが提供する優れた立地で、時間とお金という最も価値のある資産を再利用するのです。
彼らは真の都市リラクゼーションと「住む・働く・遊ぶ」能力を潜在的能力の限界まで思いっきり楽しみます。
大都市のマス・トランジット・ライン沿いの好立地を誇るアナンダ・デベロップメントのプロジェクトは、モダンで独特なデザインと際立った質が高く評価されており、金額に対する優れた価値を提案しております。これまで、大都市の最も望ましいエリアへの新たな住居開発を熱心に続けてまいりました。

8つのユニークなブランド

異なるライフスタイルを提供するため、アナンダ・デベロップメントは、8つのユニークなブランドを通じてコンドミニアムと住宅を提案いたします。

コンドミニアム

ouse_icon

住宅

バンコクで最も望ましいロケーションに、エレガントで印象的かつ豪華な住まいを。
特別なファシリティで最大限の快適を融合し、プレミアム・リビングを定義する。
革新的な機能とデザイン、限界を押し上げながら活気あるライフスタイルの創造を。
都会の真ん中にプライベート空間を備えた無限のインスピレーション。
現代のライフスタイルにふさわしい理想のロケーションと空間で、都会人の「住・職・遊」を再定義する。
プライベート空間と動きやすさでライフスタイルを定義する。
優れた価値のある、通勤・通学に理想的な住まい。
モダン・リゾート・リビング 真のリラクゼーションのための穏やかで閑静な場所。

キーサクセス

アナンダ・デベロップメントは、革新的なデザインと優れた機能性でライフスタイルを向上させながら、格別な住まいを創造します。私たちは、日本の不動産開発最大手の三井不動産との建設、電子機器メーカー最大手のサムスン電子との機能性革新、タイランド・クリエイティブ・アンド・デザインセンター(TCDC)とのイマーシブ・インテリアといった、各専門分野を代表するパートナー3を慎重に選びました。革新的なライフスタイルの促進は、アナンダ・デベロップメントの哲学の中核を成しております。私たちは誰よりも先に機会を見出すトレンドセッターで、これが非常に多くの成功へと通じております。

No. 1
2014-2015年におけるコンドミニアム合算売上高第1位
Top 5
タイにおけるコンドミニアム販売業者トップ5
最高録画
コンドミニアムと住宅部門における収益高で最高実績を記録
優れた業績
  • 2012年タイ証券取引所(SET)上場
  • 2年以内に “Outstanding Achievement in Investor Relations” アワードを受賞
  • 翌年、タイ証券取引所SET 100銘柄に入る。
受賞歴
2013年『アジア・パシフィック・プロパティー・アワード』において、 “Best High-Rise Architecture”、 “Best Interior Design Show Home”を受賞

人生の予測不能な範囲を満たしてくれるパートナー3

  • プラメリカ

    アナンダ・デベロップメントは、スワンナプーム国際空港付近のマス・トランジット・ライン沿線のコンドミニアム開発の先陣プロジェクトに取り組むため、2006年、プラメリカ社と提携いたしました。

  • 三井不動産

    2013年、日本の不動産開発最大手の三井不動産とアナンダ・デベロップメントは、450億バーツ以上の価値に値する9つのプロジェクトを開始いたしました。このパートナーシップは、高められたマネジメントスキルと日本の住宅モデルの基準上に成り立つ革新的デザインのアイディアに加えて、マス・トランジット・ライン沿線の不動産開発についてこの上ない知識を生み出しました。内部においてアナンダ・デベロップメントでは、三井不動産独自の品質管理システムである “Total Quality Project Management” (TQPM)を採用し、機能性と建設品質を強調した包括的品質管理システム “Ananda Development Total Quality Project Management”(ATQPM)を立ち上げました。

  • サムスン電子

    2015年、アナンダ・デベロップメントは、『IoTサムスン・スマートホーム』(Internet of Things Samsung Smart Home)を立ち上げるため、電子機器メーカー世界最大手のサムスン電子と提携する国内初の不動産デべロッパーとなりました。この革新的技術とデザインシステムは生活の質の最適化に役立ちます。

  • タイランド・クリエイティブ・アンド・デザインセンター(TCDC)

    感動を与えるライフスタイルの創造をさらに進めるために、アナンダ・デベロップメントとTCDCは共同で、イデオQチュラサムヤーン(IDEO Q Chula-Samyan)に世界初のコミュニケーション・デザイン・ライブラリーを開設いたしました。TCDC COMMONSは、コミュニケーションデザインに影響を与えるアイディアの活性化と知性の集中に努めてまいります。

* ( 3 ) 一部のプロジェクトのみ可能

投資する

アセアン経済共同体(AEC)の発足により、タイは急速に域内の物流ハブになっております。タイは戦略的にアセアンの中心に位置しており、生活費が比較的低く、域内の旅行先トップにランクインしております。バンコクが大量輸送網を拡大し続けるあいだに、アナンダ・デベロップメントは、理想的な成長に向かっております。永続的な都市におけるマス・トランジット・ライン沿線の不動産需要の高まる今、アナンダ・デベロップメントへの投資は今が最適です。最も重要なことではありますが、私たちはサービスに全力を尽くしますので安心してください。

AECはさらに域内投資を促進しております。タイは域内の物流ハブとして、アセアンの経済拡大に不可欠な頑丈なインフラとシームレスな接続を売りにしております。

01タイが世界的に受け入れられる理由
『微笑みの国』として知られるように、タイは、世界中からの訪問者へ丁重なおもてなしを提供いたします。
さまざまな宗教や人々を温かく受け入れる温和な仏教国です。
熱帯で年間を通じて温暖な気候です。
世界経済フォーラムの2015年度旅行・観光競争力指数 (TTCI)でタイは第354位を獲得、その一方で、バンコクは世界渡航先ランキング第25位に名を刻んでいます。
フレッシュで美味しい果物をはじめ、世界的に名の知れたタイ料理です。
他の主要都市における住居コストの半分です。
* ( 4 ) Index by the World Economic Forum , * ( 5 ) MasterCard
02 アセアンの輸送ハブ
アセアンの玄関口であるスワンナプーム国際空港は、東南アジア最大のハブ空港で、1時間に76便のフライトと年間4,500万人の乗客に対応しており6、今後は乗客数規模を6,000‐8,000万人に増加させる予定です7。毎年、8棟分のエンパイア・ステート・ビルディング8の面積に相当する300万トンの貨物を取引しております9。立地も理想的で、産業輸出のセンターを形づくる工業団地イースタンシーボードからたった100キロの場所に位置しております。
* ( 6 ) www.suvarnabhumiairport.com , * ( 7 ) www.scbeic.com ,
* ( 8 ) www.esbnyc.com , * ( 9 ) www.suvarnabhumiairport.com
03 インフラと輸送機関システムの成長
タイは、都市と地方を結ぶ道路と鉄道に1.9兆バーツの投資を計画しております。利便性と生活の質を支える経済的重要地域をカバーするため、この額の半分がバンコクのマス・トランジット・ラインの開発促進に使われる予定です。
04 戦略的立地
タイは、域内ビジネスへのアクセスの速さを提供する東南アジアの中心に、戦略的に位置しております。政府はそれらの可能性を認識しており、国際地域統括本部(IHQ)と国際貿易センター (ITC)の設立への誘因を発展させてまいりました。
05 投資家に対する有益
不動産がバンコクにおいて特に魅力的な投資である理由はいくつかあります。外国人はタイのコンドミニアムのほぼ半数のユニットを所有しています。また、マス・トランジット沿いのコンドミニアム価格は過去5年で65%10上昇しました。マス・トランジット・ライン沿いの優れた不動産物件は、毎年6‐8%の譲渡益と賃貸収益を享受しています。タイは、シンガポールやマレーシアと比較して生活費が低く、投資利益率も早く、価格対家賃比率と賃貸収益も高いです。大量輸送機関沿線の不動産開発は大きく増加していくことでしょう11。2029年までにバンコクは、駅の数を3倍の全25412駅に増やす予定です。タイ首都圏400キロの鉄道システムは、通勤・通学者にとって最も便利な都市である東京の鉄道とほぼ同じ長さになるでしょう。
* ( 10 ) CBRE & Ananda Development , * ( 11 ) Global Property Source 2015 ,
* ( 12 ) CBRE Research and Consulting
海外のクライアントにふさわしい厳選されたプロジェクト
賃貸&販売サービス
アフターサービス
インターナショナル・アナンダ・メンバークラブ(IAMC)が提供する特典(先行販売、特別価格など)
IDEO

バンコクのマス・トランジット・ラインに期待される急速な成長が続くなか、アナンダ・デベロップメントへの投資は今こそ最適なタイミングです。アナンダのコンドミニアムプロジェクトは、1999年から都市公共交通インフラ沿いの戦略的立地である卓越した利便性のもと、排他的都市生活に原理を提案してまいりました。世界クラスの建設会社、デザイン会社、電気機器メーカーとの提携と、そして革新的ライフスタイル創造の重視というアナンダ・デベロップメントの都市居住ソリューションは、タイ一流のマス・トランジット・ライン沿線におけるコンドミニアム開発のデベロッパーを作り上げ、バンコクとその周辺における刺激的な新しい機会を掴み取るところまで来ているのです。

会員登録

Fields marked with an * are required

お問い合わせ

Fields marked with an * are required

Copyright 2014 Ananda Development Public Company Limited.